読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人も子供も楽しめる映画「ズートピア (原題 Zootopia)」

2016年のディズニー映画「ズートピア (原題 Zootopia)」はご覧になられましたでしょうか。

f:id:neighbor14:20160901092415p:plain

基本的にディズニー作品はあまり好んで観ない私ですが、参考にさせていただいている映画批評家の評価が高かったので久しぶりに観ました。

 

ストーリー

田舎町で暮らすウサギの少女ジョディは警察官となり大都会ズートピアで「より良い世界を築く」ことを夢見ていた。

そして15年後、警察試験に首席で合格したジョディは念願のズートピアで警察官として働くこととなる。

だが、ズートピアでは肉食動物ばかり14匹が行方不明となる事件が起こっていた。

事件を解決するべく張り切るジュディだが警察署長のボゴに与えられた任務は、事件捜査とは関係のない駐車違反の取締だった。

不満を感じながらもジョディは駐車違反の取締をしていたところ、人目を忍んで象の巨大アイスキャンディー店に入っていくキツネの親子を追跡してみると…

 

 

正義感に溢れるウサギ警察官ジョディとキツネの詐欺師ニックによるコンビ活劇。

f:id:neighbor14:20160901092456j:plain

ディズニー映画でよくある動物を主人公にした普通のCG映画かと思いきや、肉食動物と草食動物が共存する世界を描きながら人種差別をテーマにした素晴らしい作品。

 

CGのクオリティや動物の動きといったモーションも躍動感があり、さすがディズニー作品といわせる完成度の高さもお見事。

 

身体の大小様々な動物たちが暮らすズートピアという街の細かいギミックは、見てるだけで楽しめるぐらい手抜きのない造り込みよう。

 

ストーリーの展開もしっかり考えられていて面白い。

 

安心して大人子供が楽しめる完成度の高い作品を創りつづけるディズニーには本当に感心させられました。

 

日本語吹替版では主人公のウサギ警察官ジョディを上戸彩が担当していますが違和感なくとても良かったですのでオススメです。

f:id:neighbor14:20160901092515p:plain

 

 

 

 

 

 

 

宇宙人からの電波を発見!「コンタクト(原題 Contact)」

1997年に公開された小説が原作のSF映画「コンタクト(原題 Contact)」をご紹介します。

 

人類と地球外知的生命体との交信を描いたSFロマンで監督はロバート・ゼメキス、主演を務める俳優はジョディ・フォスター

f:id:neighbor14:20160817232517j:plain

2014年に公開された同様のSF映画「インターステラー」で主演のマシュー・マコノヒーも本作に出演しています。

f:id:neighbor14:20160817235249j:plain

  

ストーリー

電波望遠鏡で宇宙から受信した電波を解析するプロジェクトSETI(地球外知的生命体探査)の研究者であるエリナー・アロウェイ。

いつものように宇宙からの電波信号を探索していた彼女はある日、規則性を含む断続的な電波信号を発見する。

さらにその電波信号はこと座のヴェガから発信されていることを突き止める。

宇宙の遠い星から送られてくる知的生命体の電波信号に喜ぶアロウェイとは裏腹に、この世紀の発見は政府や宗教までも巻き込む事態へと発展していく…

 

 

 

実際のSETI計画では残念ながら何の成果もありませんでしたが、もしも地球外知的生命体からの電波信号を発見していたら…という夢のある物語。

 

知的生命体による意図的な電波信号として本作では数学の素数を用いており、数は宇宙の共通言語という説明になるほどと思わされました。

 

アインシュタインの一般性相対性理論による時間の概念や、当時の大統領ビル・クリントンの会見映像を合成して使用するなどリアリティにもこだわった作品

 

 

この広大な宇宙のどこかには知的生命体が必ず存在すると信じている私。

 

だからといってUFOは地球にやってきた宇宙人の乗り物だなんて全く思っていませんので誤解しないでくださいね(笑)

 

そんな私ですから個人的評価に少し加点があるかも知れませんがオススメの作品です。

f:id:neighbor14:20160817232659p:plain

 

これぞ誇れる男の生き様! 映画「グラディエーター (原題 Gladiator)」

2000年に公開された古代ローマ帝国を舞台にした映画「グラディエーター (原題 Gladiator)」をご紹介します。

 

第73回アカデミー作品賞第58回ゴールデングローブ作品賞を受賞したリドリー・スコット監督の作品。 

主演俳優であるラッセル・クロウはこの作品でアカデミー主演男優賞を受賞した彼の出世作でもある。

f:id:neighbor14:20160812101955p:plain

 

ストーリー

ローマ帝国軍を率いる将軍マキシマスは皇帝アウレリウスから寵愛を受けるほど信頼される人物。

蛮族との決戦に勝利して戻ると皇帝アウレリウスはローマ帝国を再建に必要なのは共和制であると語り、帝位継承を実子コモドゥスでなくマキシマスに譲る意志を本人に伝えるが考える時間がほしいとその場を離れる。

そして皇帝は実子コモドゥスには帝位を譲る意志がないことを告げられたコモドゥスは、涙を流しながら父親であり皇帝でもあるアウレリウスを暗殺する。

翌朝、皇帝の死を知ったマキシマスから死因を聞かれたコモドゥスは病死と告げる。

事実に気づいたマキシマスは忠誠を求める新皇コモドゥスを拒絶、反逆者として捕らわれてしまうが命からがら逃げ延びる。

そして馬に乗り家族が暮らす我が家へと大急ぎで向かうが、時すでに遅く新皇帝の命により妻子は殺された後だった。

疲労と哀しみからその場で意識を失い倒れてしまう。

やがて目を覚ましたマキシマスは檻の中に入れられており、奴隷として拾われどこかへ向っている途中のようだった…

 

 

 155分という長い時間で皇帝に寵愛を受けるほどの将軍マキシマスが策略によって狙われる者となり、奴隷にまで身を落とすも復讐を果たすために剣闘士として生き抜く決意をするというストーリー。

f:id:neighbor14:20160817215323j:plain

マキシマスを陥れるコモドゥス(ホワキン・フェニックス)がまた小心者のくせに姑息で嫌なヤツが際立っているだけに、誰でもマキシマス(ラッセル・クロウ)に感情移入できると思います(笑)

 

動画の  4:14 ぐらいで仲間が投げる剣をマキシマスが馬に乗りながら受け取り剣をクルッと回して闘う姿がめちゃくちゃカッコイイです。

www.youtube.com

 

動画の 1:10 ぐらいでマキシマスが仮面を脱いで振り向き自分の正体を明かすシーン。このシーンの台詞がまたカッコイイ!!

www.youtube.com

 

奴隷になって剣闘士をすることになったマキシマスはローマ帝国を率いていた将軍だったことを誰にも話していませんでした。

名前もスパニアードと呼ばれて闘ってきたわけですが、上の動画にあるようにかつて将軍だったことを知り、仲間の剣闘士らはマキシマスを偉大な剣闘士として時には共に戦ったり守ったりする頼れる仲間となります。

とくに奴隷になった時から一緒だった心優しい黒人のジュバは本当にイイ奴でした。

 

 

16年も前の作品だというのに映像のクオリティが高いことに驚かされます。

実写とCG映像を合成して再現したコロシアムやカメラワークなど映像や演出も見事で今観ても遜色ないのはさすがです。

 

また音楽が素晴らしいこともこの作品が評価されるところでもあるでしょう。

 

闘うシーンなどで使われる素晴らしい曲です。

www.youtube.com

 

一番好きなのはこの曲。映像と台詞に流れるこの音楽で感動(笑)

www.youtube.com

 

男性の方にオススメの作品ですので機会があれば是非ご覧ください。

f:id:neighbor14:20160812103849p:plain

 

 

あの害虫が襲ってくるホラー映画「ミミック (原題 Mimic)」

1997年に公開されたアメリカ映画「ミミック(原題 Mimic)」はご存知でしょうか。

 

ギレルモ・デル・トロ監督の遺伝子操作によって誕生した新種の生物(昆虫)が人を襲うというホラー作品。

f:id:neighbor14:20160810100330p:plain

たしか本作品のキャッチコピーは「遺伝子が泣き叫ぶ」だったような…

 

 

ストーリー

マンハッタンではストリックラー病といわれる病気により多くの人命が失われていた。

この病原菌の媒介源はゴキブリであることから疫病予防管理センターのピーターは昆虫学者であるスーザンに助けを求める。

そこでスーザンはゴキブリだけを撲滅させるためにシロアリとカマキリの遺伝子配合により新種の生物「ユダの血統」を誕生させて解き放つ。

すると短期間でゴキブリはほぼ全滅したことによりストリックラー病を根絶することに成功する。

そして3年後、昆虫学者を続けるスーザンを訪ねてきた子供が珍しい生物の幼虫を捕まえたと持ってくる。

その幼虫を調べてみると「ユダの血統」の幼虫であることが判明して驚愕するスーザン、なぜなら「ユダの血統」は一定期間で死ぬように遺伝子操作していたからであった。

同じ時期にニューヨークでホームレスが次々と行方不明になるという事件が発生していた…

 

 

主役であるスーザンを演じるのはミラ・ソルヴィノという、ハーヴァード大学を卒業している高学歴でとても美しい女優。

f:id:neighbor14:20160810100449j:plain

キル・ビル」で有名なクエンティン・タランティーノ監督との交際がかつて噂になり、ファンだった私は当時ショックを受けたことをよく覚えています(笑)

 

それはいいとして…

ゴキブリより少し大きい程度のサイズだった「ユダの血統」がたった3年で、人間サイズにまで進化しながら誰もその存在に気付かなかったのはどうしてなのか?

f:id:neighbor14:20160810103455p:plain

まさにタイトル「ミミック」とは敵の目を欺くための擬態を意味しており、「ユダの血統」は〇〇に擬態することで生き延び進化していたというワケです。

 

まさかこれは!?(笑

f:id:neighbor14:20160810103651j:plain

 

新種の生物である「ユダの血統」の造形がよくできていることに評価。

簡単にいうと巨大なゴキブリなんですけど(笑)

f:id:neighbor14:20160810103118p:plain

ゴキブリが巣食う下水道に「ユダの血統」を解き放つシーン。

f:id:neighbor14:20160810191122j:plain

 

 

シロアリとカマキリの遺伝子を配合していながら見た目は前足がカマキリの見た目はゴキブリ、シロアリから引き継いでいる遺伝子は習性といったところでしょうか。

 

による効果音などの表現も素晴らしいので5.1chなど立体音響の環境で観られることをオススメします。

 

人為的に遺伝子を操作して本来存在しないものを創り出すことの危険性を問いかけ考えさせられる作品でもあります。

 

ホラーといいましたが全然怖くなく凄惨なシーンもありませんので、安心してご覧いただけるオススメの作品です。

f:id:neighbor14:20160810102417p:plain

ちなみに続編として「ミミック」「ミミック」まで制作されていますが、そちらは全然面白くなかったのでオススメしませんが興味のある方はご自由にどうぞ(笑)

 

映画「トレーニング デイ(原題 Training Day)」

2001年に公開されたアメリカ映画「トレーニング デイ(原題 Training Day)」はご存知でしょうか

 

主演はこの作品でアカデミー主演男優賞を受賞したデンゼル・ワシントンイーサン・ホーク

f:id:neighbor14:20160807054537p:plain

  

ストーリー

ロス市警の麻薬捜査課に配属された新人刑事ジェイクがコンビを組む刑事アロンゾは、数々の事件を解決してきた麻薬に絡むあらゆることを熟知するベテラン刑事。

そんなアロンゾはジェイクに「かよわい子羊でいるのか、獰猛な狼になるのか選べ」と忠告する。

そしてジェイクが目にしたのは犯罪摘発のために自ら法を犯すアロンソの姿だった。

戸惑うジェイクをよそにアロンゾの行動はエスカートしていく…

 

 

ボーン・コレクター」の俳優が主演する犯罪ドラマというぐらいの知識で公開当時、とりあえず観てみた作品でしたが結果的にコレで彼のファンとなりました。

 

しかも本作品で彼が演じるアロンゾは警察という立場を振りかざし、ギャングから金を奪い犯罪さえも自らでっち上げるような悪人の役なのにです(笑) 

f:id:neighbor14:20160807054628p:plain

 

彼が出演している作品を例に挙げると…

インサイドマン」では鋭い推理と判断力をもつ熱い捜査官。

ジョンQ 最後の決断」では愛する子供を救うため必死に翻弄する心優しい父親

イコライザー」では顔見知りの少女を救うためにマフィアに立ち向かう無敵の漢。

 

デンゼル・ワシントンといえば正しい倫理観や優しい心を持つ役柄のイメージ(私だけ?)でしたが、本作品で初めて観た悪役を演じる彼の見事なまでの素晴らしい演技に驚かされました。

 

私はこれをキッカケにデンゼル・ワシントンが出演している作品はジャンルを問わず観ることを決めた作品です。

 

 

勿論、ストーリーも面白くて素晴らしい。

イーサン・ホーク演じる新人刑事ジェイクは強い正義感でアロンゾとは正反対の人間。

f:id:neighbor14:20160807054722p:plain

新しく配属された麻薬捜査課でコンビを組むアロンゾに朝から電話で呼び出されたジェイク。

初めて顔を合わせたアロンゾはネックレスをジャラジャラとつけカスタム車でパトロールする、とても刑事には見えないラッパーのような風貌に驚きを隠せないジェイク。

挙句に押収したドラッグを吸引しろと強要されて拒むジェイクに「今すぐ車から降りろ」と怒るアロンゾ。

仕方なく言うとおりにするジェイクだが次第に不信感を抱きはじめ、アロンゾは彼を巻き込んである計画を実行する…というストーリー。

 

まだ観たことのない方はこの機会に是非観ておくべきオススメの作品です。 

f:id:neighbor14:20160807054822p:plain

映画「コンスタンティン(原題 Constantine)」

2005年に公開されたアメリカ映画「コンスタンティン(原題 Constantine)」をご紹介します。

 

アメコミヒーロー映画の新作を次々と公開して勢いのあるDCコミックの「ヘルブレイザー (Hellblazer)」が原作だそうで、主人公ジョン・コンスタンティンを演じるのはキアヌ・リーブスでこれがかなりのハマり役。

 

f:id:neighbor14:20160803233456p:plain

 

ストーリー

人間が暮らすこの世界は天国と地獄の調和によって平和と秩序が保たれており、互いの住人は異世界を行き来する事ができないとされていた。

だが現実は天使も悪魔もハーフブリードといわれる人間の姿で人間界に存在していた。

人間以外の存在が見える能力を持つジョン・コンスタンティンは、人間界の秩序を乱すハーフブリードを退治する悪魔祓いを生業としていた。

ある日、憑りつかれた少女の悪魔祓いでコンスタンティンは人間界に潜入しようとする悪魔を目撃する。

それは地獄の扉が開かれようとする前触れだった…

 

 

この作品はキリスト教に基ずいた世界観で構成されたストーリーゆえに「聖書」や「運命の槍(聖愴)」など宗教にまつわる単語が多く、それゆえ本作品を上映できない国もあったそうです。

だからといってキリスト教を称賛しているという作品じゃなく、あくまでも設定としているだけなのでどなたが観ても気にすることなく楽しると思います。

ちなみに私は無神論ですが楽しめましたよ(笑)

 

主人公であるコンスタンティンはスーパーマンのように超人的な能力があるでもなく、ハーフブリードの姿が見えるというだけの霊能者みたいな普通の人間

なので戦う時はこの作品ならではの武器やアイテムを使用してハーフブリードに立ち向かいます。

例えば拳銃サイズの火炎放射器ドラゴンの息」や司教に祝福されたという純金製の「メリケンサック」など何かしらにまつわる品物ばかり。

 

 

登場人物たちが個性的なのが多いのも面白い。

 

白いスーツを着たマフィアのボスみたいな人間の姿で登場する地獄の王サタン

 f:id:neighbor14:20160803230943j:plain

 

他にも天使側のハーフブリードとして登場するガブリエルを演じる女優が中性的な雰囲気で役柄にピッタリのキャスティング

f:id:neighbor14:20160803232014j:plain

 

そしてコンスタンティンの相棒というにはまだ未熟ながら、いざという時に実は頼りになる存在だったりするチャド

f:id:neighbor14:20160803232025j:plain

 

 

映像で表現する世界観ストーリーも最後まで上手くまとめられていて素晴らしい。

 

コンスタンティンは幼い頃に自殺を図ったことが理由で死後の魂は地獄に落ちるのが決まっている運命。

さらに長年の喫煙により肺ガンを患い余命が残り僅かと死が迫りつつあった。

そんな時に人間界で異変が起き始めていることに気づいたコンスタンティンは、世界のバランスが崩れようとするのを食い止める為に立ち向かうというストーリー。

その手があったかと思わせられる展開もよくできていると思います。

 

最後のスタッフロール後にオマケがありますのでお見逃しなく。

 

f:id:neighbor14:20160803235816p:plain

 

映画「インサイドマン(原題 INSIDE MAN)」

有名な俳優らが出演する作品ですが意外と知らないという私の友人は多かったので、2006年公開の映画「インサイドマン(原題 INSIDE MAN)」をご紹介します。

f:id:neighbor14:20160720180949p:plain

デンゼル・ワシントンクライヴ・オーウェンジョディ・フォスターなど豪華な俳優らが出演する銀行強盗が題材の作品です。

 

 

ストーリー

ダルトン・ラッセル(クライブ・オーウェン)率いる銀行強盗グループが白昼のマンハッタン信託銀行を強襲すると従業員と客を人質に立てこもる。

事件発生の連絡を受けたニューヨーク市警のキース・フレイジャーデンゼル・ワシントン)は現場へ急行。しかし周到な計画と俊敏に行動する犯人グループを前に警察も容易には行動が起こせず膠着した状態が続く。

一方、事件の発生を知り激しく困惑するマンハッタン信託銀行の会長アーサー・ケイス(クリストファー・プラマー)はやり手の女弁護士マデリーン・ホワイト(ジョディ・フォスター)を呼び出すと、彼女にある密命を託して現場へと送り出すのだった…

 

 

銀行を舞台に強盗と警察の交渉や駆け引きなど銃撃戦でなく心理戦を描いた作品で、よく考えられたシナリオにユーモアな演出も盛り込まれた完成度の高い作品です。

 

つねに警察の動きを先読みした強盗の計画がとてもよく考えられていて素晴らしく、強盗犯らは何が狙いでどのような結末を迎えるのか。

警察に包囲された絶体絶命の状況から強盗犯らはどんな方法で脱出するのか…ここが一番の見どころ。

 

さらに登場するそれぞれクセがある役柄を演じる俳優らも素晴らしい。

f:id:neighbor14:20160720181032j:plain

強盗グループの冷静沈着で頭がキレるリーダーだけど決して悪人ではないダルトンクライヴ・オーウェン

以前に担当した未解決の事件で小切手を紛失したと疑われ名誉挽回のチャンスを与えられたフレイジャー刑事をデンゼル・ワシントン

頭がよく上から目線でやり手の女弁護士マデリーンをジョディ・フォスター

これ以上ないというぐらいの見事なキャスティング

 

ジョディ・フォスターなんて人口上位2%の知能指数を有する団体メンサのメンバーというぐらい本物の天才ですからね(笑)

あと強盗らを監視する警察の中にグリーンゴブリン(ウィレム・デフォー)もいます(笑) 

 

強盗犯が〇〇〇の在処についての情報をどのようにして知ったのかなど明かされないまま終わる部分もありますが、最後にダルトンからフレイジャーへの粋な贈り物にその後の展開も想像させてくれた是非オススメの作品です。

f:id:neighbor14:20160720185743p:plain